自己紹介

もりなつって何者?

Nice to Meet You! もりなつ(@morinatsu1)です。

 

 

プロフィールページに訪れてくれてありがとうございます♡

3分で終わるので最後まで見ていってほしいです!

 

1990年終戦記念日生まれ。

 

中学・高校時代

 

人生の序章。

勉強はせず、バスケ・ハンドボールに夢中。

この時から海外進出を考え出す。(1人で留学会社に相談に行く程まじめに考えていたらしい。)

しかし、両親から進学はしなさいと言われ、泣く泣く専門学校に進学。

 

専門学校時代

 

大学進学をしたくなく、「好きなこと」を絞り出した結果、製菓(お菓子)の専門学校に入学。

毎日お菓子を作って、食べて幸せだったな、、♡

 

社会人デビュー

 

無事に地元の洋菓子店に就職。

 

が、しかし、「こんな小さな社会で一生働くなんていや!」と何かが爆発し、1年で退職届を提出。

 

ワーホリ時代

 

高校の時からの夢であった海外進出の夢を果たす。

人生の第1章やっと幕開け。

やっと、この時が来た!

でも、渡航日が近づくにつれ、不安が増していく。

だって、英語なんてしゃべれないもん、、。

 

オーストラリアへのワーホリ

 

 

21歳にして初めての長期渡航なので、ちゃんと留学会社に相談し、多額のサポート費用を支払い渡豪。

しかし、現地サポートは最初の1カ月のみ利用し、半年後オフィスを訪れてみると、、、

移転。

なんの報告もなしに。

ここから留学会社の意味を考え始める。

(ココだけの話:現地サポート費12万円!)

安全をお金で買ったと思いたい、、。

 

イギリスにワーホリ

 

 

なんと、年間1000人しか当選しない、イギリスのワーホリに当選!

初めは「イギリスって物価高いし、天気も悪いからな~」って行くのを渋っていたけど。

母親は「は、何言ってんの?行きなさいよ。」と半ギレ状態。

 

半年日本でリゾバをし、お金を貯める。

「まあ、ワーホリ2回目だし。」と、

飛行機代、語学学校代を除く現地への軍資金を10万と舐めた感じで渡英。

 

(ここだけの話:語学学校だけはエージェントに頼んだが、手違いで入学手配されていない事が発覚)

さらに留学会社の意味を考えさせられる。

 

家とバイト先はすぐに見つかったが案の定、苦労の連続。

  • お金が足りず、バイト先に給料を前借する
  • 契約したシェアハウスは2Fのくせに床を見るとアリの行列
  • バイト帰りに友人と帰宅中、窃盗に合う
  • 安さを求め、治安の悪いといわれる地域に引っ越し、バイト帰りの夜中の帰路は危険なのでは猛ダッシュで家まで帰る
  • スペイン旅行ではパスポートを盗まれる

と、順風満帆にはいかず、いつの間にか1年が過ぎ、帰国。

 

セカンド社会人デビュー

 

帰国後は本格的に仕事をするため、就職活動。

自分の経験を活かし、留学会社で働きたいと思うようになる。

そんな時に、オーストラリアでの友人との出会いのおかげで、1つの留学会社と出会う。

 

留学カウンセラー

 

自分の経験を活かしたい!とやりがいを求め、入社。

仕事内容は、個人への営業・セミナー・VISA申請・語学学校とのやり取りなどなど、多岐にわたる業務を経験。

 

固定給+インセンティブの為、

「契約取れれは半月休みでも良いよ。」と上司。

 

!!!

 

取れればね。

逆に取れなきゃ休みなしって事。

 

働き詰めのおかげで自然とダイエットが出来た。ありがとう。

 

留学会社で働き始めるときに、「夢を売る仕事だけど、悪い面・大変なことも正直に伝えよう。」と決めた。

結果、私のカウンセリングに興味を持ってくれる人は少数派。

 

そして、ノルマが達成できず、現実を突きつけられた。

1年半ほどで退職届を出す。

 

カフェ店員

 

正社員としてカフェで働き始める。

しかし、会社が半年後に倒産。

 

ある意味私の黒歴史なので割愛。

 

IT業界

 

そして、今後成長していくであろうIT業界に安定を求め、転職。

サーバー系の仕事がしたかったけど(※注 未経験)、希望していないインフラ系の出向に行かされる。

お陰様でインターネット系の知識は得られました。

 

しかし、専門用語が呪文に聞こえ、やりがいを感じれず、「人生とは何なのか」と考え始める。

そこで軽い気持ちで見ていた海外就職サイトで気づいたら応募していた。

 

フィリピン就職時代

 

採用結果が出て、1か月後にはセブ島に渡比。

 

語学学校勤務

 

6時間勤務+英語レッスン2時間で英語を勉強を再開。

TOEIC580点→720点まで到達する。

 

海外熱再発

 

 

ここから私の人生第2章が始まる。

 

やっぱり海外には面白い人がたくさんいる。

日本では人の目を気にしていたけど、1歩外に出れば世界は全く違うということを思い出させてくれた。

 

  • 知らない人でも目があえば笑顔で挨拶ができる
  • 雑な接客が逆に心地よい
  • 老後の貯金はせず、今を楽しむ人たち
  • 道端に座っていてもじろじろ見られない
  • T-シャツに短パンのパジャマみたいな格好でも出歩ける
  • 化粧をしていなくてもだれも気にしない

 

あげたらキリがない。

日本は暮らしやすいけど、生きにくい国

 

それより私は

暮らしにくいけど生きやすい国に住みたい。

 

そこで出会ったのがフリーランスという生き方

そして海外ノマドという人たちがいるということ。

 

 

決めた、海外ノマドになる!

 

現在

 

と、ここ数年人生を迷走していたが、やっと答えが出た気がする。

フリーランスで好きなことをして生きていけるように学ぶ。

 

そして田舎フリーランス養成講座」に出会いノウハウを吸収

 

いなフリでの収穫はホントにたくさんあった。

人生に迷っている人や、今の働き方に疑問を抱いている人には全力でおすすめする!

参考までに「いなフリの評判が気になる人は読んでみて【田舎フリーランス養成講座】」を読んでみて!

 

これからのこと

 

2019年の9月に3回目のワーホリ、カナダに渡加予定。

それまでにフリーランスの基盤を作ることが目標。

主に旅行系のライター、そしてフリーで留学関係に携われるようなる。

 

なのでこれからは旅・留学系の事を発信していく予定。

旅行・留学を考えている方のお役に立てれば光栄です。

 

好きなこと

 

  • 海外旅行
  • ビーチ
  • ヨガ
  • ヘナタトゥー
  • お菓子

 

Travel is my LIFE

2件のコメント

  • いかり

    初めまして。もりなつさんこんにちわ。

    いなふり参加を決めて来週から始まるのを前に色々なブログを見ていて、
    もりなつさんのブログにお邪魔しました。

    わたしももりなつさんと同じように21歳の頃に初めて渡豪して、
    そのあとカナダ→ニュージーランドでワーホリを終えて日本にいます。
    わたしも人生とは何なのかを考えたりしてフリーランスという道を
    最近考えるようになり、いなふりを友達に紹介してもらいました。

    もりなつさんが言っているように、「フリーランスで好きなことをして生きていけるように学ぶ。」
    わたしもそれを目指していなふりでたくさん吸収して帰ってこようと思っています^^

    9月からのカナダワーホリもたくさん経験して楽しんできてくださいね^^/

    • もりなつ

      いかりさん

      コメントありがとうございます!
      なんだか共通点が多そうで嬉しいです!

      そしてこの記事を読んで少しでも勇気を与えることができていたら光栄です。

      いなフリ仲間ですね!

      いなフリはホントに間違いないです!

      講座後のいかりさんのご活躍楽しみにしています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です