BATU CAVES(バトゥ洞窟)は聖地だったin マレーシア

マレーシア
スポンサーリンク

Hi,,なつき(@morinatsu1)です。

 

 

突然ですが、BATU CAVESご存知ですか?

 

ヒンドゥー教では知らない人はいない超有名な場所です!!

マレーシアに行くなら行ってください!

一生に一度は訪れていいと思いますよ!

 

実際に訪れたのでその様子をお伝えします~。

 

 

 

 

BATU CAVES(バトゥ洞窟)の内部大公開!

 

 

BATU CAVESとは日本語でバトゥ洞窟と言い、洞窟の中に寺院があるんです。

しかし洞窟に入る為には272段の階段を上らなければいけません、、。

階段は結構急なので皆さん写真を撮ったりして、休憩しながら登ってます。

 

では登ってみましょう~。

 

 

 

ここで中腹ぐらいです、、、疲れます。(運動不足!)

 

 

 

頂上に着いてから景色を見ようとしましたが、我慢できませんでした。笑

スカンダ神が聳え立っています!

ヒンドゥー教の軍神です。

 

スカンダ(サンスクリット語: स्कन्द、Skanda)はヒンドゥー教の軍神である。

最高神シヴァの次男。父はシヴァ、母はデーヴァセーナ(パールヴァティ)もしくはガンガー(パールヴァティの妹)で、代理父がアグニ、代理母がスヴァーハー。軍神インドラに替わって新たな神軍の最高指揮官となる。

仏教にも伝わって韋駄天(異名クマーラからは鳩摩羅天)となった。

スカンダ神

 

中はこんな感じになってます。

 

 

 

 

洞窟内にはカラフルな寺院やヒンドゥー教に基づく神話の展示や壁画があります。

 

 

 

ヒンドゥー教ではなくてもお祈りさせてもらえます!

 

 

光が差すところにさらに進むと、、、

 

、、さらに寺院です。笑

 

 

この洞窟には猿がいっぱいいるんです!

餌おじさんもいますよ。笑

物を取られないように気を付けてくださいね。

 

 

そして洞窟の横にも寺院があります。

こちらも本格的です!

 

 

頑張ってみんなで修復してます。

 

 

ヒンドゥー教最大の祭「タイプーサム」

 

タイプーサムの起源と由来
シンガポールには、昔からタミル地方出身のインド人が移民して住んでおり、インドからこのお祭りが持ち込まれたようです。

ヒンドゥー教の神話の中で、女神パールヴァティーが息子の軍神ムルガンに特別な槍を与え、悪鬼に打ち勝ったことにあやかり、強い神のご加護を受けて悪運を払拭するためのお祭りだそう。

タイプーサムは本家インドの他、シンガポール、マレーシア、モーリシャスなど、タミル系インド人移民の多い国でも行われているようです。

タイプーサム

 

 

ここバトゥ洞窟では毎年1月下旬から2月上旬にかけて、ヒンドゥー教最大の祭「タイプーサム」が行われます。

タイプーサムとは奇祭と言われ、体中に針を刺しまくるらしいです、、、。

痛々しいので写真は載せません!

神々への感謝を様々な苦行を行って表しているのだそうです。

とても危険なのでインドでは禁止されていて今はここマレーシアとシンガポールでのみで行われているようです。

この奇祭はヒンドゥー教以外の方でも見ることができるます。

 

 

ただしこの人混みを絶えられれば、、、笑

 

 

バトゥ洞窟の基本情報

 

名称(英語):Batu Caves

住所:Sri Subramaniam Temple, Batu Caves 68100, Malaysia

営業時間・開場時間:8:00-19:00

利用料金や入場料:無料

ウェブサイト:Batu Caves

 

 

KLセントラルからの行き方

 

クアラルンプールは全部で10路線ありますが

その中の2番線(KTM LALUAN PEL. KLANG)のBATU CAVES行きで行くことができます。

終点なのでとても分かりやすいです!

 

マレーシアに行った際には是非足を運んでみてくださいね。

 

 

それでは、またね~。