セブから気軽に行ける!ボホール島

フィリピン
スポンサーリンク

こんにちは!なつき(@morinatsu1)です。

 

 

 

今日はセブから船に乗って2時間で行けるボホール島を紹介します。

日帰りでも行けるので現地の方や留学生にも人気の島です。

 

そしてメガネザル(ターシャ)が見れる唯一の島として有名です♡

このクオリティー、、笑

 

見どころはターシャだけではありません!

他にもたくさん見どころがあるのでご紹介していきます。

 

 

 

 

それでは行きましょう!!

 

ボホール島とは

 

ボホール島はセブ島の隣に位置していて、船で2時間で行ける人気の離島です。

 

ボホール島(Bohol Island)は、フィリピン中部ビサヤ諸島の島であり、国内10番目の大きさを持つ。島全体が中部ビサヤ地方に属するボホール州である。人口は約114万人、面積は4117 km2。主な都市はボホール州州都タグビララン(Tagbilaran)。リゾートとして知られるほか、フィリピンメガネザル(Philippine Tarsier、ターシャ)という世界最小級の霊長類の生息地でもある。

Wikipedia

 

島自体は大きく見どころがたくさんあるので時間のある方は泊りで行くのもお勧めです!

 

 

セブシティからの行き方

 

セブシティからはフェリーで約2時間で行くことができます。

 

チケットの購入

 

週末に行く場合は混み合う為、フェリーのチケットを事前に購入しておきましょう。

チケットはショッピングモールで購入できます。

アヤラモールもしくはJYスクエアで購入が可能です。

 

私はアヤラモールの4Fで購入しました。

4Fはツアーデスクや両替所が集まってます。

4Fのツアーデスクであれば基本どこでも購入できると思います。

 

注意)

チケット購入時に搭乗者のフルネーム・生年月日が必要になりますので念の為パスポートを持参することをお勧めします。

 

ボホール島は港がトゥビゴン港とタグビララン港の2つあります。

タグビラランと言う港行のものを購入しましょう。

 

エコノミー500ペソ/人(エアコン無)
ビジネス1,000ペソ/人(エアコン有)

 

日帰りで行く場合は先に往復のチケットを購入してしまいましょう。

復路便を現地で直前に売り場で購入しようとしても完売になっていたり、行列で時間を取られてしまう事があります。

帰りは17時前後が無難だと思います。

 

フェリー発着地

 

フェリー発着地はpier1になります。

 

タクシーで向かう場合はそのままpier1と伝えれば伝わります。

 

港ではチェックインや荷物検査があるので便の30分前に到着している必要があります。

ちなみに港ではエントランスfeeが20ペソかかるので小銭を用意しておきましょう。

 

搭乗時の注意事項

 

日によっては天候上、波が高い事があります。

船酔いしやすい方は酔い止めを飲むことをお勧めします。

ちなみにセブでも酔い止めを買うことができます。

 

私はBonamineと言う薬をよく飲んでいました。

乗物に乗る1時間前に飲みます。

 

日本のものに比べ強いので1回1錠ですが半分でも全然効きます。

 

 

現地ツアーの交渉

 

いざっ、ボホール島に着いたら、、、

 

ツアーの交渉です!

車をチャーターして1日ボホール島を回ってもらうことができます。

大人数の場合はバンもありますよー。

私の場合は5人で頑張って後ろに4人詰め込んで乗用車を1日チャーターしました。

2300ペソ程だったかと。

2500ペソって言われ、頑張って値切ったけどあまり安くなりませんでした、、。

 

交渉が終わったら、どこに行きたいか決めましょう。

 

客引きのお姉さんが観光名所のリストを見せてくれます。

なのでどことどことどこに行きたい!と言えばドライバーは帰りの船の時間を考慮して連れて行ってくれます。

 

 

おすすめのアクティビティ(Things to do in Bohol)

 

日帰りの場合は以下がお勧めです!

 

  • ATV(バギー) in チョコレートヒルズ
  • ターシャに会いに行く
  • マンリットフォレストで寄り道してみる
  • リバークルーズで優雅にランチ

 

ATV(バギー) in チョコレートヒルズ

 

 

このバギーが想像以上に楽しいのです♡

マリカーみたいな感じ!

 

ガイドさんがついてくれるので安心です!

専属のカメラマンでもあります。笑

ポージングまで指示してくれて撮るのがとても上手なんですよ!

 

 

頂上まで連れて行ってくれてそこで写真撮影会が始まります。

 

ちゃんと箒が用意してありました。笑

 

 

 

 

パノラマを駆使していろんな写真を撮ってくれます。

 

 

 

 

パノラマの使い方がすごいんです、縦に長くして撮ったり。

 

 

 

せっかくなのでTHETAでも撮ってみました!

 

 

実はチョコレートヒルズは旅行本で読んでいつかこんなところ行けたらいいなと思っていたところなんです!

まさか本当に行けるなんて思ってもなかったのでとっても嬉しかったです。

なので皆さんも夢を諦めないでくださいね!笑

 

 

5日間の休みで行けちゃう!絶景・秘境への旅 初心者でも大丈夫!手頃な値段で奇跡の別世界へ! (単行本・ムック) / A-Works/編集

価格:1,620円
(2019/1/7 18:37時点)
感想(0件)

 

ターシャに会いに行く

 

入場料は1人80ペソ(約160円)です。

 

 

☝のThis wayに沿って歩いていくと、、、、

 

 

います、います!

 

でもターシャは夜行性なのでほとんどの子が寝ています、、、。

 

 

たまぁ~に目開いてる子がいるので見落とさないように!

ストレスで自殺してしまうほど繊細な子なのでみんな小声で写真を撮りまくっていました。笑

 

指が可愛い♡

 

 

 

マンリットフォレストで寄り道してみる

 

 

車で移動しているとマホガニーの木が並ぶマンリットフォレストと言う森が出現します。

ちょっと立ち寄って写真でも撮りましょ~。 ふふ。

 

 

 

 

リバークルーズで優雅にランチ

 

 

乗船するまで1時間は待ちました。

 

待ちくたびれてる絵です。笑

 

 

受付に行くと番号の書かれた紙が渡されるので、その番号が呼ばれるまで待ちます。

 

あ、料金は含まれていないので受付で支払をします。(1人450ペソ)

 

 

、、、、そしてやっと乗船!

 

 

 

出発!!

 

 

 

ランチはブッフェです。

 

 

 

船上ではライブパフォーマンスがあったり。

 

 

 

それぞれの町に船を止め、その場で現地の人たちが踊りを披露してくれたり。

 

結構優雅にランチを楽しめます。

 

 

 

 

 

あとは黄昏るのみ!!

 

 

 

そんな自然がいっぱいのボホール島、是非一度訪れてください♡

 

 

 

それでは、またね。