【東南アジアで必須!】Grab(グラブ)の使い方徹底解明

フィリピン
スポンサーリンク

こんにちは!もりなつ(@morinatsu1)です。

 

 

東南アジアを旅行する時、まだタクシーを使ってますか?

国によってはタクシーのぼったくりが多発しています。

 

海外でタクシーに乗るときは、ちゃんとメーターが動いているか確認しないと、高額で運賃を請求される可能性があります。

かつ、目的地を伝えても発音のせいでうまく伝わらず、違う場所に連れて行かれることすらあります。

いちいちタクシーに乗るたびに気を張らないといけないので疲れちゃいますよね。

 

今回はそんな余計なストレスを無くすために、Grabの使い方を徹底解明していきます。

 

Grab(グラブ)とは

Grabとは簡単に言うと配車アプリです。

タクシーとは違い一般人が自家用車を使ってドライバーとなり、目的地まで連れて行ってくれます。

アプリ上ではドライバーの評価もあるので、一般人だからと言って変な人が来るということはありません。

むしろ評価がしっかりされているので、そこらのタクシードライバーよりちゃんとしています。

 

Grab(グラブ)が使える国

Grabが使える国は限られています。

  • シンガポール
  • ベトナム
  • インドネシア
  • マレーシア
  • フィリピン
  • タイ
  • カンボジア
  • ミャンマー

 

ウーバー撤退後、主にアジアではこのGrabが主流に。

 

 

Grab(グラブ)の使い方

ではGrabの使い方について解説していきます。

  1. アプリのインストール
  2. ユーザー登録
  3. 予約
  4. 乗車
  5. 降車
  6. ドライバー評価

 

ステップ1:アプリのインストール

ios

android

通常のアプリと同様インストールします。

 

ステップ2:ユーザー登録

ユーザー登録は電話番号登録かFaceBookアカウントでの登録になります。

FaceBookアカウントでの登録のほうが手順が少なく簡単なのでおすすめです。

 

ステップ3:予約をする

現在地と目的地をそれぞれ入力します。

すると目的地までの料金が画面下に表示されるので、問題なければ「BOOK」を押下します。

 

ドライバーが見つかると以下の表示になります。

その後、ドライバーによってはアプリ上でメッセージをくれます。

 

ドライバー:I will be there few minutes(あと数分で着くよ)

私:okay thanks(分かった、ありがとう)

 

簡単にテキストを送りあうことができます。

 

 

ステップ4:乗車

ドライバーが到着すると、「Grab driver has arrived」(ドライバーが到着しました)と画面に表示されます。

車の色とナンバープレートを確認して乗車しましょう。

車を見つけたら、「私が乗るよ!」という意味を込めて手を挙げてあげると、ドライバーも判断しやすいです。

 

ステップ5:降車

目的地に到着したら料金を支払って降車します。

支払いは現金・クレジット・グラブペイから選ぶことができます。

現金以外の支払いは、あらかじめアプリに登録が必要になるので事前に確認しておきましょう。

 

ステップ6:ドライバー評価

私はめんどくさくて評価をしてませんでしたが、時間に余裕がある方は是非評価してあげてくださいね。

(評価しなくても問題ありません。)

 

 

Grab Rewards(ポイント)の使い方

東南アジアに長期滞在し、Grabを使い続けると乗車回数が多くなるので、その分ポイントもたくさん貯まります。

そうすると「Grab Rewards」といい、乗車で獲得したポイントを利用して買い物やGrab乗車の際に割引が適応できます。

 

引き換え例
  • 乗車割引
  • 携帯電話の通信料割引
  • Foever21の割引
  • 赤十字への募金
  • マクドナルドのポテト無料券

 

 

国によって異なると思いますが、私が使っていたフィリピンではこんな感じでした。

 

 

ポイントを使用したい時は以下の「Purchase」を押下してください。

そうすると使用できますよ。

 

Grab(グラブ)の使い方をおさらい

最後におさらいです。

  • Grabは東南アジアで使える
  • 使うにはアプリのダウンロードと登録が必要
  • 現在地と行き先を打ち込めば近くのドライバーが来てくれる
  • 事前に提示された金額を支払いBye-bye!
  • 気が向いたらドライバーの評価
  • ポイントが貯まったらクーポンが貰える

 

こんな感じです。

タクシーにぼったくれたくない人は東南アジアに行った時に使ってみてくださいね。

それでは、またね。