旅行,  留学

WWOOF(ウーフ)とは【世界中で展開している農業ボランティア】

こんにちは、もりなつ(@morinatsu1)です。

 

 

海外の農業ボランティアに興味をお持ちですか?

 

そんなあなたにはWWOOF(ウーフ)がおすすめです!

日本人からはおそらくオーストラリアのセカンドワーホリビザを取得するために知られているサービスだと思います。

悲報
2015年の8月末からはセカンドのビザ申請時に季節労働をした給与明細が必要になりました。
参考:ABC

 

ということで、私は迷った末お金がなかったのでファームに行きましたがWOOFFについてどんなサービスなのか解説していきます!

ちなみにオーストラリアのワーホリで必要な費用が知りたい人は「オーストラリアのワーホリに必要なリアルな最低費用【元留学カウンセラーが伝授】」を参考にしてみて下さいね。

 

WWOOF(ウーフ)とは

まずはWWOOFとはいったい何なのかちゃんとご存知ですか。

 

WWOOFとは、人と人との交流です

有機農家であるホストと、日本全国・世界各国のウーファーをつないでいます。WWOOFのサイトを通し様々な人と友達になり、その関係性を深化させ、オーガニック生活を知り、新しい知見を得て、価値観の多様性を感じ、自分を向上させていくものです。家族のような気持ちで、何をしたら相手が喜んでくれるかをお互いが念頭に置きながら一緒に短い間生活します。

ホストとウーファーはお金のやり取りはしません。「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換します。

ホストとウーファーは「家族のような友達同士」、農とオーガニックライフの新しい世界へ足を運んでみましょう!

引用:WWOOFジャパン

 

要は世界中の人たちとオーガニック生活を通し、仲良くなろう的な感じです。

 

WWOOFとは:サービス内容

サービス内容を分かりやすく説明すると、

農家の仕事をお手伝いする代わりに、ご飯や住むところを提供しますよ。

です。

 

1日4~6時間(週20~30時間)働いて、朝昼夜3食と寝るところはホストが負担してくれます。

  • 仕事内容はホストによって違う
  • ホストと一緒に暮らす
  • お金のやり取りは一切なし
  • 国により規定が異なる

 

WWOOFFはイギリスではじまり、今ではオーストラリアやニュージーランドで盛んとなっています。

もちろん日本でも受け入れを行っていて、今では世界50カ国で受け入れられているファームステイです。

 

WWOOFとは:仕事内容

仕事内容は国やホストによって異なります。

メインとなる仕事は

  • 農産物の収穫
  • トリや牛、馬などの家畜のお世話
  • 牧場の掃除
  • 畑の手入れ
  • 家事の手伝い

などになってきます。

仕事の詳細はホストに直接確認し、両者が納得した上でマッチングです。

 

WWOOFとは:受け入れている国

WWOOFを受け入れている国は50カ国ほどあります。

アフリカ大陸
  • マラウィ
  • ナイジェリア
  • シエラレオネ
  • 南アフリカ
  • タンザニア
  • トーゴ
    …etc

 

アメリカ大陸
  • カナダ
  • チリ
  • メキシコ
  • アメリカ
    …etc

 

オセアニア大陸
  • オーストラリア
  • バングラデシュ
  • 中国
  • 日本
  • インド
  • カザフスタン
  • 韓国
  • ネパール
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • スリランカ
  • 台湾
    …etc

 

ヨーロッパ大陸
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブルガリア
  • チェコ
  • デンマーク
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • リトアニア
  • モルドバ
  • オランダ
  • ノルウェイ
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • セルビア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • イギリス
    …etc

 

気になる国が見つかったらWWOOF公式サイトのトップページの下の方に国名が並んでいるのでクリックしてみましょう。

ホストのリストが出てくるので気になるホストをチェックしてみて下さいね。

 

WWOOFを使ってみよう

それではWWOOFの実際の使い方を解説します。

 

WWOOFを使ってみよう①:登録方法

WWOOFへの登録は国ごとによります。

 

①まずは国を決めて、国名をクリックします。

 

②希望の国の画面に移ったら「JOIN」をクリックします。

 

③必要事項を入力し、NEXTを押します。
※必ず「VOLUNTEER」にチェックを入れます
※メンバーシップ料を確認します(国によって異なります)

 

④ステップ2を入力し、NEXTを押します。

 

⑤ステップ3でメンバーシップ費用を支払います。

これで完了。

あとはプロフィールを埋めるだけです。

 

WWOOFを使ってみよう②:ホストの探し方

プロフィールを完成させたら、ホストを探しましょう!

気になるホストのクリックして、内容を見てみて下さい。

そして実際にコンタクトを取ってみましょう!

 

WWOOFを使ってみよう③:TIPS(アドバイス)

アドバイスというより、念頭に入れておいていただきたいこと。

ホストの中にはただの労働者としてWWOOFerを扱う人もいます。
もちろん、WWOOFerとの交流を楽しみたいホストもいるので一概に判断するのは難しいです。

どんなホストなのかは実際に会ってみないとわからないのが現状。

対策としては初めから長期で話を進めず、まずは1週間ほどの短期で交渉しましょう。
その先は現地でホストと直接話を決めるのが賢い方法です。

 

WWOOFの上手な使い方

続いて上手なWWOOFの使い方を3つご紹介します。

  1. オーストラリアのセカンドワーホリビザ取得用
  2. お金をかけずに海外の暮らしを体験する
  3. 世界の農業を学ぶ

それぞれ詳しく見ていきますね。

 

WWOOFの上手な使い方①:ワーホリ中に農業体験

数年前まではオーストラリアのセカンドワーホリ申請の条件にある88日間の季節労働がこのWWOOFで対応できました。

しかし2015年8月から季節労働をした際の給与明細の提出が必要になったため、WWOOFが対象外になってしまいました。

 

セカンドワーホリ取得の手段ではもう使えませんが、海外の田舎暮らしを体験することはこのWWOOFでできます。

ワーホリや留学で海外に渡ったのだから現地のコアな暮らしを見てみたいという人もいるでしょう。

そんな人には実際に現地の家族と苦楽を共にして文化の違いを学んだり、家族のように仲良くなったりと、都会では経験できない暮らしができます。

海外の都会暮らしに飽きた人にはおすすめのサービスです。

 

WWOOFの上手な使い方②:お金をかけずに海外の暮らしを体験する

次です!

使い方によってはノマド的な人にもおすすめかも。

  • ただの観光地を回る旅行ではなく、ディープな海外の暮らしを体験してみたい人
  • お金をあまりかけずに非日常的な体験をしてみたい人

WWOOFは現地の家族と生活を共にするので、彼らの私生活や現地人のおすすめするコアなスポットなどを知ることができるでしょう。

パソコン一つでどこでも仕事ができる人は、体を動かす仕事とパソコンにへばり付いている仕事の両方をバランスよくできるので気分転換にもなるでしょう。

まさにパソコンが親友になっている私に最適。

必要な費用は航空券代と現地でのお小遣いのみです!

さぁ、スカイスキャナーで航空券 をチェックしてみましょう。

 

WWOOFの上手な使い方③:世界の農業を学ぶ

最後に!

農業に興味がある人。

海外の農業事情を無料で体験することができます。

日本の農業は素晴らしいですが、外の現状を見ておくことは大切です。

日本の状況しか知らないということは、まさに井戸の中の蛙な状態です。

さぁ、スカイスキャナーで航空券 をチェックしてみましょう。

 

日本でWWOOFer(手伝いに来てくれる人)を受け入れる

日本でも外国人のWWOOFerを受け入れています!

東京オリンピックも控えていて、インバウンドが盛り上がっていますよね。

東京や大阪などの都心だけではなく、このWWOOFを使って日本の田舎の良さをたくさんの人に伝えたいところです。

 

あ、もちろん外国人だけではなく日本人も受け入れています。

田舎で暮らすことに憧れている日本人にもおすすめのサービスですよ。

日本のWWOOFが気になる人はWWOOFジャパンをチェックしてみて下さいね。

 

まとめ:WWOOFの使い道はいろいろある!

WWOOF自体あまり知られていませんが、海外の暮らしを体験できる良いサービスだと思います。

航空券と登録料とお小遣いがあれば海外の暮らしや文化を体験できるんですよ!

 

ゲストハウスで働いていると、日本の農家でWWOOFしてたという外国人によく会います。

彼らは賢いですね。

私も見習ってWWOOFもしくは気になっているWorkawayをやってみようかと思っています。

その時はブログに是非書きたいです!!

 

Travel is my LIFE

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です